長命草の成分が含まれている青汁を飲むと元気ハツラツになれる

  1. ホーム
  2. 古くから民間薬としても

古くから民間薬としても

歩く二人組

血流改善や抗酸化作用も

日本では食の欧米化によって野菜不足が指摘されており、野菜不足を手軽に補う方法として青汁を飲むという人も珍しくありません。青汁には様々な材料が使われていますが、そんな青汁に使われる材料の中でも近年注目されているのが長命草です。長命草は温暖な地域に自生している多年草で、沖縄の海沿いなどで多く見られる植物です。この長命草は古くから食用としてだけではなく、民間薬としても使用されてきた歴史があり沖縄の人の長寿の原因にも関わっているとされています。長命草には様々な栄養素が含まれていますが、その中でもルチンは健康効果が高いとして知られています。ルチンはポリフェノールの一種であり、体内で発生する活性酸素を除去する効果があります。過剰に発生した活性酸素は細胞を傷つけてしまうため、病気の原因になるばかりか老化現象をひきおこしてしまうのです。長命草はそんな活性酸素を除去することが出来るので病気を予防して若々しさを保つのに役立つのです。また、ルチンには血流を改善する効果があるため動脈硬化を防ぐ効果があります。長命草に含まれるイソサミジンは残尿感や夜間頻尿を和らげる効果があり、クロロゲン酸には脂肪を燃焼しやすくする働きがあるためにダイエット効果も期待することが出来ます。こういった健康や美容に効果のある栄養素が豊富に含まれる長命草は青汁として摂取することで、手軽にその栄養素を損なうことなく摂取することが出来るのです。